続 計算ドリルを写すことが難しい 

式を写すことが難しい子どもさんのノートです

自分でもどこまでが一つのひっ算式なのか区別がつきにくいようでした。
そこで上下左右にわかりやすく空間をとってもらいました

見やすくなったでしょう

なぜ写し間違いが多いのか?
それは距離の離れているもの同士を写す時に見る位置がずれてしまったり書く位置がずれてしまったりするのだと思います。
この混乱は数字同士がくっついていればくっついているほどひどくなる
見やすくすることで写し間違いが減るならと思いましたが決まった空間をあけて式を書くこともまた難しい課題のようです。

計算ドリルを始めて1週間
まだまだ課題は多いようですが少しずつ改善しています。

このカードも今は邪魔な部分を切ってコンパクトになっています。

自分で少しずつ解決策を探せているようです。
この一歩が大切なんだと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA