何を基準に子育てしたらいいのでしょうか?

あるお母さんから
自分の子どもが発達障がいだとわかった。今から何を基準に子育てしたらいいのかわからない。とご相談がありました。

私はお母さんの気持ちが痛いほどよくわかりました。

できないことを乗り越えさせようとひどいことを言ってしまった
でも本人も頑張っていたけど難しいということが分かった
では何もさせないほうがいいのか?
負担になるならどうすればいいのか?

そうですよね
そんなふうに考えてしまいますよね

でも苦手なことがあるけど得意なこともある
対策を立てれば乗り越えられることもある
何もできないわけではない
少し困っているだけ
なにが難しくどうすればいいかをご本人が自覚できれば自分で対応ができるようになるかもしれない。

だから
やみくもに頑張らせない
というだけで何も子育ては変わらないんです
困難に逃げずに立ち向かってほしいという気持ちも大事ですし育てる必要があります
難しくてでも頑張って乗り越える経験は非常に大切
その時にぜひご自身の得意な部分を上手に使って乗り越えてもらえれば更にいい経験になる

今までは闇の中をただやみくもに突き進んでいた状態だとすれば
今度はライトを照らしより安全にでもきちんと前に進む
こんないい状況に変わっていくということです

ご本人のきつさ難しさにまず向き合えたことが大きな変化
今度はそれをどう乗り越えるのか
一緒に考えていきましょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA