子ども新聞

ニュースが好きでニュースをよく見ている子どもさんがいます。
でも本は読まない。
本を読むと疲れるというのです。
行がずれる
どこを読んでいるのかわからなくなる
こんなことが原因のようです

そこで彼が考えた学習方法
テレビで見て学習すること
短かい文章でて絵や写真の入った本なら読めること
この条件に合ったものから学習を進めることでした

お母さんも子どもさんの意欲に積極的に協力されました
夜寝る前にNHKの番組を15分見ること
一週間に1回くる子ども新聞を一緒に読むこと
自学ノートに新聞の切り抜きをはって感想を短く書くこと

なかなか大変なことなんですが
1か月頑張って続いていました。

学習が続いていることを子どもさんはキラキラした表情で話してくれました。
どんなニュースがあってどもが面白かったのか
新聞の内容だけでなくテレビで見た知識も感想の文章に入っています
字は大きくってひらがなばかりなんですがそこを指摘しないお母さんも素晴らしい
この学習は読むことと考えることが重要なので字をきれいに書くことを強要したらそこで終わってしまいます

さあこれから彼がどのように成長していくのか
楽しみです
いい顔しています
この自信が子どもさんを育てるんですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA