本を読んで活字で理解することはわかりやすいんですね

ずーと気になっていた本
やっと手に入れて読んでみました

この本は素晴らしいなあと感じました
子どもたちに
「いじめにどう立ち向かうか?」
「勉強はどうしてするのか?」
「自分たちが今から出ていく社会はどんなものか?」
「親や先生とどう上手に付き合うのか?」
上手にわかりやすく書いてありました

この本はある子どもさんからの紹介でした
自分にはお父さんがいないけどなんだかお父さんから手紙をもらったような気がした
もやもやした気持ちを少し整理してくれたような
わからない世の中の仕組みや自分の気持ちの整理を教えてくれたような気がすると言っていた彼
とっても彼の言っていることがわかりました

なにより本で読むことは重要ですね
同じようなことを説教されても子どもには入っていかない
でも活字で冷静に伝えられるとスート理解していくところもあります

この本を子どもがどう読むのかはそれぞれだと思いますが
であってほしい一冊だと思います

いろんな人に出会っていってほしい
いろんな経験をしてほしい
こんな気持ちになりました

みなさん漫画を読む前に本屋さんで少し立ち読みしてみてはどうですか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA