習字道具


習字道具から墨汁がぼとぼと
こんなことありますよね。

きちんと墨汁のふたが閉められていない
硯の中を空にせずになおす
筆を上手に洗えない

教室の中ではバタバタ時間もなく
物の管理が苦手な子は非常にきついですよね

そんな時に作ってみたのがこの「硯」「墨汁」「筆入れ」用の雑巾
習字道具によってはそのまま入るものも
入らないときには
「硯用雑巾」「筆用雑巾」「墨汁用雑巾」
を別々に作ります。
はさみでき話すぐらいの感覚でいいですよ

もう一つ工夫としては
筆圧が強く小筆などの使い方がうまくいかない子の場合には
筆の先を糸で結んでみるのはどうでしょうか?

墨汁をつけすぎる子にも硯に白い線を入れて少しの量で書くことをすすめています
墨が飛んだり紙が破れたり
なんとかトラブルを解消する手立てを一緒に考えることができると
しょうらいたのしみになりますよね。

自分で考えること
自分で解決することの手掛かりにどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA