バレンタイン

ある高校生がこう言いました
「僕はいつもある女の子のそうじを手伝ってあげている」
「宿題だって見せてあげている」
「スマホだってかしてあげている」

でもバレンタインデーにはほかの男の子にチョコをあげていた
僕にはなかった

なかなか難しい問題ですよね
よくあることでもあるかもしれない

でも
彼はそれを非常に悔やんで彼女に詰め寄ってしまった
繰り返し追いかけて何度もどうして自分にチョコをくれなかったか聞いてしまった

これが大きな問題に

「こんな矛盾が世の中にあるんだよね」といって怒りながらも忘れていくなんてことができない彼
納得できるまで質問を続けてしまう彼

なかなか生きにくいだろうなと思います

まだ納得いく答えに彼はたどり着いていませんが一緒に考えていこうと思っています
行動する前に一緒に考え少し立ち止まっていられるように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA