心が痛むある日の出来事

ある日の夕方見かけた出来事です。
お母さんが怖い表情で子どもさんの手をひいています。
こどもさんは「ごめんね」「ごめんね」と泣いています。
きっと何かあったんだろうなあと気になってると
お母さんが
「ごめんねって言ってもすぐ同じことするでしょう」
「お母さんは何回あやまればいいの?」
「叱ってくださいって言われてもどうしたらあなたに伝わるの?」
と・・・。
苦しそうだなあ。つらいんだよね二人とも・・・。
子どもさんは
「ごめんね」「ごめんね」と泣くばかり

こんなことありますよね
お互いどうしていいかわからない
どう解決していいかわからない
誰に相談していいかもわからない
辛くてきつくてどうしていいかわからなくて

何かお手伝いしたいなあ
どうにかしてお母さんと子どもさんの気持ちを楽にできないかなあ
通りすがりに出会った子どもさんですが一日心に残りました。

日々こんなことばっかり
どうしてうちの子だけこんなに手がかかるの?
どうしてわかってくれないの?

こんな気持ちはぜひみんなで共有しましょう。
きっとお互いの理解が少しずれているだけなんです。
子どもさんのことわかってもらったらきっとうまくいきます。
お母さんだけが頑張らないでください。
みんなで考えましょう。

一度気持ちを落ち着けて冷静に考えて何から手を付ければいいのか?
何に困っているのか?
落ち込んでいるお母さんはそれだけ子どものことを必死で考えている素晴らしいお母さんなんです。
素晴らしいお母さんなんですよ。

一緒に考えてくれる人はきっとも周りにいますよ。
少し周囲を見渡してみてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA