お楽しみ学習教材 part2 

一日一回のお楽しみ教材

こくごは言葉遊びのように感じている子が多いかな
なぞなぞの本のようでさまざまな国語的要素が混ざっている
勉強させられているようには感じずに考える時間を作ることができる
机に付かなくても親子で考える遊びができる
兄弟で楽しむ子もいます

さんすうは図形に数字にやはりクイズ感覚
大人も子どもも楽しくできる
競い合って楽しみますよ
「できる」「できない」でなく
ひらめきを大切に!

考えることは大切ですよね
ひらめいて喜ぶことはもっと大切

楽しくやりましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA