お母さんやお父さんの時間 一人になれる時間 リセットの時間

日々子どもさんの生活に寄り添っているお母さんお父さん
一人になったり自分を取り戻せる時間を少しでもとれていますか?
宿題に学校の用意、定期テストに、受験勉強、部活の送迎に学校行事、心のサポート、こじれたコミュニケーションの解消
いろいろなことが日々あってこれに仕事があったり
頭の中は子どものことばかりになってくると新しいものの見方や、落ち着いて長い目で見る者の見方ができなくなってきます。
追い詰められた生活はみんなの心を追い詰めていくものです。
時にはそれぞれが自分を取り戻すための休憩をとってみてくださいね。

「忙しい」は「心を亡くしてしまう」ことになるようですから

何をするにも「お母さんこれどうするの?」「お母さん来て」「お母さん・・・」「お母さん・・・」
暇になると「なんか暇~」「何すればいい?」
店に行くと「なんか買いたい」
こんな子どもさんが多い中、休憩なんて難しいと思いますが

自分で遊びを探せること
レパートリーを持っていること
楽しみ方を知っていること
は非常に大切ですよね

これを考えると
「なんか暇」
「なんか買いたい」
「何すればいいの」
という質問の時に
「~すれば」
と提案することよりはいくつかの選択肢を出して自分で選ぶ経験は重要なように感じます。

「〇〇がしたいんだけど△△が難しくて教えて」
なんて具体的に話ができるようになると「なんか暇」という言葉は少なくなるのではないかなあとも

日々疲労しているお父さんお母さんに何か声をかけれないかなあといつも思っています。
いつも尊敬しています。
いつも頑張っているみなさんに少しの休憩をあげたいなあと思います。
きつくなったらぜひ立ち止まってくださいね。
日々の努力は必ず実を結びますから。
すぐに結果がでなくても大丈夫です。
ゆっくりやっていきましょうね。

にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA