漢字の学習



同じ子どもさんの書いた漢字です。
日々書く漢字が変わります。
筆圧が弱かったり強かったりしてしまうようです。


この時には角という角が全部丸くなってしまって・・・
気持ちはわかるのですが。

こんな時に全部書き直しをさせると
「やっぱり漢字は嫌いやん」という気持ちを増長させるだけでよい効果はありません。

・角をとがらせることが漢字には重要
・少ない字でもいいので正しく書くことが重要

だということを伝えます。


大きくホワイトボードに書いたり
気になる書き順に合言葉を作ったり

この子どもさんは2年生
急に漢字が難しくなって戸惑っています
戸惑っていますが先生は変わったばっかり
子どもさんの困り感に気づくことができません
ぜひこんな時にはご家庭で画数が増えると難しいこと
でも気を付けるところは2つだけであること  などを伝えてあげてください。

先生によっては漢字を書いていたらスタンプを押すだけの場合もあります。
前の年の先生が細かくチェックをされていた場合、今年は適当でいいと思い始め漢字の書き方がひどくなってくるときもあります。
新学期子どもさんの変化を見てみてくださいね。

きれいに
きちんと

という言葉は基準がわからず子どもにとってはやる気をなくす悲しい言葉
封印することをお勧めしますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA