親せき付き合いはむずかしい

親せきの結婚式にでたお母さんから苦しい胸の内を聞きました。
うろうろしてしまう我が子
思ったことをすぐに言ってしまう我が子
興奮したら大変な我が子
結婚式に行ったらどうなるかお母さんはわかるんです。
でも・・・親戚の人はわからない
お父さんですらきっとお母さんのイメージとは違う印象をもっているはず
お母さんは悩みながら当日を迎えたようです

結婚式当日
案の定興奮した子どもさん
大事な場面でうろうろ
大事な場面で「あの人なんで頭にはなついているの?」「あの人の髪型面白い」なんて大きな声で言ってしまう
参列しているほかの子どもさんとのけんか
いろんなことが起こってへとへと
同じように参列していたおとなしい子どもさんと比較され「あーでもない、こーでもない」と言われ
「甘やかしてはいけない」「しつけがなってない」・・・。
お父さんは本気で子どもを怒りさらに子どもはパニックに

お母さんは
きつかった
苦しかった
でもわかってくれたのは実家のお母さんだけ
親せきの中ではひどい印象を残し・・どう思われているか想像もしたくないほど・・
と話してくれました。
同年代のこどもさんと何度も比較され注意され自分のお父さんにも理解されないわが子
みていてとってもきつかったようです

疲労と憤りと悲しさとが手に取るようにわかります。
帰宅後子どもさんも調子が悪く、お母さんも落ち込んでいる。

でもね普通なんてないんです。
人はみんな違うんです
おりこうって何ですか?
じっと座っていたらすごいんですか?
彼の発言が場を和ますこともあるんです
苦手もあれば得意もあるんです
今はできないことが目立ってきついかもしれない
でもきっと素敵な部分がいっぱいあるんです
どの子も課題を抱えているんです
人間いきていくには苦しいことがいっぱいあるんです
おとなしい子はおとなしいなりの難しさがあるんです

失敗してもいいんです
大人になるということは失敗しても立ち上がれる人になるということなんです

ゆっくりやっていきましょう
お母さん大丈夫です
「ぼくいい子になりたい」と言った子どもさんに
今の子どもさんの素敵な部分をいっぱい教えてげて下さい
彼の日常を支え見ているのはお母さんです
彼の良さを知っているのはお母さんです
時々会って思ったことを言っている人はそれはそれ
お母さんあなたは頑張っている
大丈夫
自分を信じて
子どもを信じてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA