性教育の記事への反響がいっぱいありました

「性的なものに興味があるのは健康である」ということは頭ではわかっているが
どのようにコントロールしてあげていいかわからない
というご相談が多くありました。

「興味のあることをすぐに口にしてしまう」
「繰り返し性的な発言をして周りの反応を楽しんでいることがある」
「映像や画像で見たことを実行しようとしてしまう」
「コンビニなどで躊躇せずに本を立ち読みしてしまう」
「パソコンで画像を見るのでウィルスでパソコンがダメになってしまうことがある」
「周りの子に踊らされ性的な発言をすることや行動をすることがすごいことのように勘違いしてしまっている」
「小さな子やプリキュアなどのアニメに過剰に反応するのを見ると怖くなる」

特にお母さんがこの状態を見ると非常に心揺れますね。
どうしていいかわからず
どう理解していいかわからず
先生に相談するのもどうかなあと思う
誰に相談していいかわからない

みなさん健全なのはわかるけど隠さないところに大きな不安がありますよね。
このマナーをどう教えていくのか?
マナーに関しては怒ったら逆効果
あなたを守るためにはあなたが誤解されないためには守った方がいいということを法律などを交えて教えることが重要です。
自分なりに充分納得することが大切ではないかなあと思います。
中には自分では止められないと泣く子もいますよ
ぜひ子供の叫びも聞いてあげて一緒に解決してみてくださいね。

そしてもう一つの問題は性的な興味のほかに熱中できるものをもっていいないことも問題です。
部活も続きにくい
家にずっといる
友達ともなかなか充分に遊べない
ゲームばかりしている
こんな時には体のパワーの発散ができませんからいいことはないようです
チームプレーではない水泳やマラソンなどはいいようですよ。
大人のチームに入って大人と一緒にさらりとした人間関係でスポーツを楽しんでいる子もいますよ。
運動が苦手な子は合唱やドラムや和太鼓も体を動かすにはいいようです。
都会の子どもさんは一人でできるインドアの機械相手の卓球やテニスもいいようです。
なにか自分の苦手さの中からこれならできるというものを見つけて楽しみにしておくこと
これは今は大人にも言えることのように思います。

多方面からの支援を考えていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA