僕は何のために受験しているの?

僕は何のために受験しているの?
どうして勉強しないといけないのかなあ?
大学行かないといけない?
でも働く勇気はないんだよね
大学行くしかないよね
でも卒業できなかったらどうしよう・・・。
その前に受からなかったらどうしよう・・・。

こんな話をしている子がいます。
きついけど考えているんですよね。
消去法でもいいと思うんです。
今は働けない。
じゃあ勉強するか。

不安でしょうね。
きついでしょうね。
こんな時はやみくもに動かないでくださいね。
受かるところを選んでいくようなことはせずにまずは充分考えましょう。
自分のことを知って自分に合ったところに行くこと
これが重要です。
自分は何が得意か?何が苦手か?
続けて苦にならないことを探さないと長く続かない
苦になることは続かない
コミュニケーションは得意か?
知識の獲得は得意か?
論理的な思考はどうか?
記憶量はどうか?
そんなことを考えながら学校に行くときには学校選びを
働くときには仕事選びを

急がなくてもいいよ
自分のことを知るのは難しいから
一人で考えずに誰かと相談しよう

前が見えなくなった時
子どもたちは動揺します
動揺していることをこのように表現してくれればいいですが表現できない子もいます
受験は非常にストレスを感じるものです
受かるか受からないかではなく本人の気持ちに充分注意してください。
子どもさんの気持ちが大切です。
先が不安でたまらないのです。
先が見えたら勉強できる子もいます。
お互い焦らずに考えましょう。
最善の方法でなくてもいいんです。
道を見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA