家の中と外で別人になる子どもさん 親にだけ向かい暴力

あるご家族からのヘルプです
学校や習い事では非常にいい子
でも家にいるときは別人の小学校1年生です。
学校の先生の印象は「そつなくこなすいい子」
ご両親のは帰宅後に繰り広げられる癇癪に困り果てている状態でした。
朝は朝で行くが行くまで何か理由をつけては「お母さんが悪い」「お父さんが悪い」「だから学校に行かない」の繰り返し
でもいざ学校に行ってしまったら非常におりこうさん

これでいいのか?
家族はつぶれそうでした

こんな子どもさんは失敗することやうまくいかないことを受け入れることが難しいのです
だから外では精いっぱい頑張って適応します
その努力は普通の頑張りの範囲を超えますから非常に疲れストレスがいっぱいになってしまうんです
そこで始まるのが帰宅後のパニックです
原因は何でもいいんです
とにかく爆発して発散したいんです
でも・・・発散してもすぐに疲れてストレスで満たされます
だから毎日繰り返される
そのうち学校でも起こり始めるか小どうしようもできなくなって不登校です

きついですよね

まずは自分のダメなこともできないことも許せる気持ち
間違うことが悪いことではないことを学習しないといけません
おとなから何回も教える必要があるんです
「大人も間違います」
「まちがっでも大丈夫です」
「困ったことやできないことは人に行って助けてもらいましょう」
「助けてもらうことは恥ずかしいことではありません」
こんなことを教えながら具体的に
「こんな時にはこうしよう」
「周りを見てごらん。みんなも間違えているよ」
なんて話すことが大切なんです

そして癇癪の対応ですが
一つ一つの言葉にはあまり意味がありません
しいて通訳すれば
「きつい。こまった。」と言っているのです。
なので言葉一つ一つ
癇癪一つ一つに大きく反応したり対応する必要はないんです
否定もしません
「疲れたんだね」
「きついんだね」
だけを繰り返しながら受け入れます
癇癪を起しても解決しないことを学習してもらうのです

きついですが一つ一つ解決はできていくんです
自分のきつさがうまく表現できない
きついこと失敗することが許せない
こんな状況を少しずつ解決していきましょうね
家族だけで悩まないでください
みんなで考えて解決しましょう
そしてぜひ学校の先生にもきつさを伝えてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA