成長を自分で実感すること

はじめの写真が1年生の3学期の漢字練習です。
そして2枚目が3年生の4月の漢字練習です。
ゆっくりゆっくりですが着実に本当に毎日頑張っています。

書くことがテーマだった時期
送り仮名に悩まされ始めた時期
難しくなってくる漢字の形が取れずに書くことを嫌がり始めた時期
文章を写しながら漢字に変換していくことを学び始めた時期

同じようにノートに書いている漢字ですが問題を出している大人には様々な時期時期のテーマが重要です
今何に困っているのか?
何をすれば克服できるのか?
どのくらい時間がかかるか?

そして一番大切なのは本人が自分の成長をノートを見ながら実感することです
なにが難しかったのか?
どれだけの両自分は頑張れているのか?
どのように克服したのか?それにはどのくらい時間がかかったのか?
こんなことが自分で考えられるようになってきています

振り返り考えることは子どもを大きく大きくさせますね
毎日本当に偉いと思います

にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA