認められたい気持ち

誰の心にもある「認められたい気持ち」
大人にも子どもにも誰の心にもあると思います。

この気持ちが満たされていないとき

なぜが不全感が高まり
イライラして
みんなが自分をわかってくれない気になり
自分だけが認められないような
自分だけががんばっているのに結果がでないような

こんなことが重なると世の中の景色も変わって見えてきますよね

自分だけが不幸
自分だけがうまくいかない

この気持ちを一人で抱えていると身動きが取れなくなりますよ
必ず話をしてください
自分が話しやすいなあと思う人がいいと思います
この人に話をしてみようと思った人こそきっとあなたを理解しようとしてくれている人です。

話す時のポイントは
「自分の素直な気持ちだけを言うこと」

たとえば
「〇〇さんがこう言ったから(こうするように言われたから)自分はうまくいかなかったんだ」
ではなく
「自分は頑張っているのにうまくいかないんだ」

「〇〇さえなければこんなことにならなかったのに」
ではなく
「うまくいかなくて落ち込んでいるんだ」

理由は言わなくていいんだよ
うまくいかなくて苦しいことを伝えよう

そうするとうまく伝わるよ。

受け止めてもらえると少し気持ちが安らぐよ
でも安らぐのは少しなんだ
すぐには解決しないけど
物の見方を少し変えるだけで物は違って見えてくるよ
弱いところを見せることはかっこいいことなんだと思うよ
自分の弱さを知っている人は本当の大人なんだよ
大丈夫かっこ悪くはない
自分を苦しめるプライドは捨ててしまおう

新しいものの見方を身に付けるためにね

にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA