「今しか見えない」わが子に不安を感じる相談

「どうして先のことが考えられないんだろう」
「ちょっと考えたらわかるのに」
「落ち込んでもすぐに忘れてしまう」
お母さんはこんな子どもさんにどう対応したらいいのかわからなくなっていたようでした。

具体的な不安を聞くと・・・。

お友達とうまくいかなくてコミュニケーションが問題なんだ・・・と落ち込む
でも次の日にこの前悩んでいたことだけどと聞くと・・・なんだっけ?と忘れている

将来のことを考えるように伝えると考えてはいる
しかし、お友達に聞いてきた嘘か本当かわからないような話をうのみにして目の前の道が開けたような気持になる。

料理を食べるのが好きだからレストラン系かなあ・・・
レストランってどんなところがあるのかなあ・・・
考えているとお友達から「自分のお兄さんは大学在学中にバイトに行っていたところに就職したよ。大学を途中でやめても就職できたから大学に行かなくてもいいみたい」と聞いてくると
「そうかあ。じゃあ俺もそうしよう」となる
でもどんな店がいいか。どんな料理に興味があるのかは考えていない。
本当に料理が好きかというと家ではほとんどしない。
こんな状態で心配は尽きない
あまりせめてもいけないとは思うがなかなか自分がハラハラしてみていられない
どう伝えたらいいのかもわからず困ってしまうとのこと

お母さんの不安はごもっとも

本人に聞くと
本音は「働きたくない」「勉強したくない」・・・・。
うまくいかないことは忘れてしまったほうがいい
どうせ解決しないから・・
そうかあ・・・

なんだか悲しくなりますね

なかなか自分の特技が見つけられない
好きなことが広がらない
漠然とした不安があって動けない

そこで本人には世の中で働くことを考えなくていい。
だけど自立を考えようと提案。
少しずつ自分でできることを広げていくことが大切なんじゃないかと伝えてもらうことにしました
・身の回りの掃除
・簡単な支払い
・計画表やスケジュールの管理
こんなことを表にして2週間ごとに確認することにしたんです
まずは目の前のことができるようになってきて自信がついてから着実に考えを進めていくことに

さあこれから彼の成長が楽しみです。

「今日はゴミ出しをしました。週に2回もゴミ出しにお母さんが言っていたなんて知りませんでした」とlineが入っていました。一歩踏み出していますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA