女の子の人間関係

女の子の人間関係は複雑ですね。
ある子どもさんからこんな相談がありました。

ほとんどの人は人の悪口か芸能人の話などをしている
相手によって意見をすぐに変える
なんでも一緒にしたがる
ルール違反を平気でする
こんな友達に先生は叱ることもしない
納得いかない気持ちが膨らんで不信感につながっていく

ほとんどの人は人の悪口か芸能人の話などをしている

悪口に聞こえるけどあれは悪口ではなく愚痴なんだよ
女の子の中にはずーと話をしていることで楽しいと思う人もいるんだよ
でもそうでない人もいるはずだよ

相手によって意見をすぐに変える

不安な気持ちを強く持っている人もいるんだよ
これは思春期のこどもにはとてもよくあることあんだよ
みんなと一緒のことをしたいけどみんなと一緒ではいや
こんな気持ちを持つ人が多いよ
自分の意見を言えない人がいるけどそれは不安からくるんだと思うよ

なんでも一緒にしたがる

一部の女の子に何でも一緒にしたがる子がいるよね
なんでも一緒ではなく時々一緒に行動したい子もいるよね
自分に合ったタイプのお友達を探すのもいいね

ルール違反を平気でする

ルールには必ず条件があるんだよ
ときにはルールを守ることだけが正解ではないこともあるんだよ
時と場合に応じて物事を考えられるようになるといいね
そして人はみんな違う意見をもっているので自分は自分人は人と考えるのもいいね

先生はルール違反している子や悪口を言っている子を怒らない

中学生や高校生になると自分で考えることの必要なんだよ
先生は自分で気づいてほしい気持ちもあるんだよ。
怒るよりはそれぞれの話を聞いて話を整理したりアドバイスをすることもあるのかもしれないよ

こんな風に一つずつ話をしてい行きます。

人間関係はとても難しく一つのルールでは解明できない。
大人のルールはときに複雑でわかりにくい。
明快なルールは好きだけど複雑でわかりにくいルールは混乱を招く

ひとつひとつ実感し体験しながら複雑なルールにも適応できる柔軟さをもつトレーニングが必要です。

お友達が遊びに行こうと誘ってくれた。
とってもうれしかった。
でもいってはいけないところに友達だけで出かけることになっている。
みんなは暗黙のルールでいつもしていること。
こんな時には出かけているよね?
と話をすると「・・・そうかも」と気づくこともある

人ってみんな矛盾している
でもそれがいい時もある
こんな気持ちになっていけばもう少し楽な気持ちで生きていけるかもしれない

少しずつでもいいのでゆっくりゆっくり考え方を楽にしていけたらいいなあと思います。
いっしょにがんばろうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA