子離れ親離れの難しさ

子離れ親離れの時期は10歳以降に来ますよね
この時期に少し距離を置いてあげることで子どもの心は大きく成長することは多くの人から聞くところですね。
ただ特性のある子どもさんたちは充分な支援のもとに自尊心を育てる時間が必要です。
この基礎ができていて初めて自立に向かうことができるのですがこれが非常に難しいですね。

なかなか自分のことを上手に話すことができない子どもさん
自分のものの管理に苦慮して手伝いを必要としている子どもさん
学習に困難さがあり支援を必要としているこどもさん
みんな親離れ子離れの時期に困難さを抱えます
支援は必要だけど、でも少し距離を置いて配慮してあげること
おとなの方が子どもの複雑な気持ちを理解して配慮することが重要です

「お母さんがいないと勉強ができない」といった子どもさんがいました
支援は必要だけど自立するための支援が重要
支援を間接的に受けれは自分で行動できるようになります

自分でできるようになるのがゴールですから
助けてほしいことや困っていることを伝える力をつけてあげたら距離をとってあげてください

そしてこの時期お母さんの気持ちのコントロールも難しいことを頭に入れておいてくださいね
自立してほしいけど手がかかる
いつまで支援が必要なのか?
この先どう大人になっていくのか?

距離をとろうと思うがなにもできないから手がはなせない
こんな不安がいっぱいだと思います
でも大丈夫
お母さんがこんなに心配してこんなに考えて育てているのですから
必ず伝わっています
一緒にゆっくりゆっくり距離をとりながら育てていきましょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA