音読ができない 

音読が苦手な子どもさん
本も嫌い
読むのは嫌
こんな状態でした

学校の宿題に四苦八苦
いつもお母さんの「する」「しない」でけんか
険悪な雰囲気になってしまいます

教科書の文章を覚えてしまえば大丈夫なんですがそれでは学びになりません
そこでまずは本をすきになることからはじめました

ボイスレコーダーに面白い本を読んだものを入れそれを聞くのです
素敵な図書館司書の先生から子どもが喜ぶ本を紹介してもらって
読みましたよ




笑いあり考えさせる内容あり大人も面白かったです
できるだけ大げさに読んであげます。

本って面白いなあと思ってから知っている本を読みます。
この子どもさんは厚紙を片手に単語ごとに文字を隠して読むことからはじめました
たどたどしいのですが決め台詞などを言いたい彼はあきらめませんでした
読み始めるとどんどん上手になっていきます
図書館に行って司書の先生とお話しするのも大好きになりました

これから面白い本に出合ってどんどん文字を読むことが楽しくなりますように
大きな成長ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA