家に帰るのが辛い

ある家族の話です。
家に帰るのが辛い。
そんな思いをしているご両親とご兄弟。
家族の疲れより自分の方が大変なんだ。
何でわからないのかと言うこどもさん。
夏休みにみんながたおれそうです。

何をするにもトラブルが起きる。
みんながハラハラしながら気を使って生活している。
でも本人にすまなさそうな様子はない。
ごはんが気に入らない!
お茶が冷えていない!
宿題をしろと言った!
こんなことですぐにトラブルに

ご本人に話を聞いてみました。
はじめは俺は悪くないの一点張り
でもよくよく話すと勉強が全くわかっていないんです。
わからないからできない。宿題をしろと言われてイライラする。
どうせ俺は何もできんと怒る。

そこで一緒に勉強しながら人にあたったら楽になる?なんてきいてみるとならんかったとポツリと言いました。
そうかあ。家族の顔を見たことあるかい?と聞くと
ない。
家族は疲れてるよ!
あなたも疲れてるよ!
このままいくとみんながたおれるよ
なんとか怒ったりあたるのではなく他の方法で解決しないかい?
そう投げ掛けてみるとわかったと言います。

書けない。
空間認知が悪い。
だから思うように勉強できない。
しないのでどんどんわからなくなる。
苛立って怒る。
この繰り返しですね。

本人に勉強ができなくなっていることといろんなことに対する我慢もできなくなっていることを伝えました。
怒ったりあたるのを続けるとこのままでは何も改善しないよ。
なんとかしよう!
イライラしたら一度考えよう!
怒ったりあたらないでね

本人もだいぶん自分のことがわかったようです。
コミュニケーションは難しいけど家族のために少し頑張ろう!
家族をサンドバッグにしても何の成長もないからね
さあ一緒に頑張ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA