本人の「できる」と周囲の「できる」が違うとき

ある子どもさんが
テストが終わると「すごくできたから大丈夫」と言っていました。
いざテストが返ってくると残念な結果に

どうしてできていると思ってしまうのか?
どうしてできないと思わないのか?

これは非常によくあるご相談です。
できていないことに気づいていないのです。
気づかないからこそできていると思ってしまうのです。

一つ一つ確認が重要ですね。
どこができていないくてどこができているのか
今度同じようになったときにはどうしたらいいのか
これを確認することが次へのステップです

実はバイトなんかでもこれはトラブルのもとになっています
自分はできていると思っているのに周囲の人は困っている
周囲の迷惑絵御かけている時間のないまま解雇になってしまう
こんなこともよく起こっています

確認をして
「自分で学ぶこと」
「自分で気づくこと」
これは非常に重要です
点数をとることだけでは終わりません

さあ
確認作業をぜひやってみてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA