まわりの人に理解されにくい子育て

お正月は親戚の家にいったりお出かけで多くの人に会いますね。
お行儀や立ち振る舞いで子育てについていろいろと話をされることもおおいと思います。

一般的な子育てではなかなか乗り越えられなかったからこそ試行錯誤でわが子にあった伝え方や関わり方を学んできたのに。
「甘やかしすぎだ」とか
「もう少し厳しくした方がいい」とか

なにもいわれなくてもみんなの中で過ごすことが難しく帰りたがったり
気を使うことができずに自分勝手な行動をしているように思われたり

でも・・・これは日常ではないんです。

大丈夫。
すぐに日常がおとずれます。
お母さんお父さんは間違っていない。
もちろん子どもさんも間違っていない。
少し理解してもらう時間が足りなかっただけ。

「ふつう」とか「一般的には」とか
そんな言葉で自分たちが築きあげてきた幸せに不安を感じないでください。
家族の笑顔のために
子どもの笑顔のためにが一番のテーマです。

さあそろそろ日常が戻ってきます。
ゆっくりゆっくり
のんびり笑顔で行きましょうね
にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA